“夜半楽”の読み方と例文
読み方割合
やはんらく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蕪村はみずから号して「夜半亭やはんてい蕪村」と言い、その詩句を「夜半楽やはんらく」と称した。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)