“𤍠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あつ60.0%
ねつ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
𤍠いところから地方くにつれて、そこに生育してゐる樹木種類森林各々つてゐる、とははおしました。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
カスタード(牛乳鷄卵とに砂糖れてしたるもの)、鳳梨、七面鳥燒肉、トッフィー(砂糖牛酪していた菓子)、それに牛酪つきの𤍠炕麺麭
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
しかし、になると森林は、枝葉土地をおほつてゐますから、その地面空氣と、𤍠放散するのをげるので、そこの空氣いことになります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
阿弗利加沙漠にしたるしき𤍠気息のみ。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)