“ねつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
75.5%
寝就4.3%
寐付3.2%
𤍠2.1%
根本2.1%
根継2.1%
熱症1.1%
体熱1.1%
寐着1.1%
寝付1.1%
寝附1.1%
眠付1.1%
眠就1.1%
眠附1.1%
睡着1.1%
臥就1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ねこは、さものことをしたように、周囲をぐるりと、のためにふらふらするつきで、をすりつけながらまわりました。
木の上と下の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
つまり、犯人は被害者の昼寝の習慣を知っていて、丁度被害者が寝就いた頃、この窓の外へ忍び寄り、静かにこの窓を開けてその火繩銃で狙撃したのです。
火縄銃 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
小六は六からて、一寸けて、御米姿んだが、御米いて、いでゐたので、寐付いたとでもつたものか、一言かずに
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
阿弗利加沙漠にしたるしき𤍠気息のみ。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
平常から、住民の衣、食、住——その生活全体を根本から改めさせるか、でなくば、初発患者の出た時、時を移さず全村を焼いて了ふかするで無ければ
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
まあ、おはいんなせえ。だが、きょうはあいにくの日で、大変ですよ。隣りの長屋二軒が根継ぎを
半七捕物帳:56 河豚太鼓 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
薬をんでいるし、手当も十分なはずなのに、どうしたのか、こんどの熱症はさがらない。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
どうしてこう痩せてしまうのかしら——そこについ神経質な悩みと熱症がからむ。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
朝夕の体熱に浮かされるように口走るのが、やはり栄三郎の名——それは、恋と病に娘ざかりの身をがれてゆく、あさましいまでに痩せ細った弥生のすがたであった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
すると上人いて、中年から仰向けにかぬのがで、るにも此儘ではあるけれどもだなか/\えてる、寐着かれないのはお前様同一であらう。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
またのこと童子寝付けないでいつまでもの上でもがきなさいました。
雁の童子 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
大病でも自分で死ぬと覚悟をし、医者見放した事も知つてり、御看病は十分にき、自分もう死ぬとめがいてしまつても、とろ/\と病気れで寝附いた時に
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
階下が寢鎭まつてから暫らく立つて、榮一は部屋につた煙を外へ出して、燈火も消して寢床に就いた。平生眠付きの惡いのが病ひなのに、堅い寢床が身體に馴染まなくてますます寢づらかつた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
偶然に見染めた彼女の幻はずつと眼から去らず、或年の四月の新学期に小学校に上つて来た彼女を見附けた日は私は、一夜うれしさに眠就かれなかつた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
宗「に水を持って来ておくれ、病人がうと/\眠附くかと思うと向座敷で時々大勢がわアと笑うので誠に困る」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
何様いふ様子か見ても遣りたし、心にかゝれば参りました、と云へば鋭次も打頷き、清は今がたすや/\睡着いて起きさうにも無い容態ぢやが
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
年わかい女は、可哀そうに、その悲しみに打ちのめされて、どッと臥就いてしまい、六週間と云うものは譫言ばかり云いつづけていた。
狂女 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)