雁の童子かりのどうじ
流沙の南の、楊で囲まれた小さな泉で、私は、いった麦粉を水にといて、昼の食事をしておりました。 そのとき、一人の巡礼のおじいさんが、やっぱり食事のために、そこへやって来ました。私たちはだまって軽く礼をしました。 けれども、半日まるっきり人にも …
作品に特徴的な語句
おわ しず むこ うる どま たし あつま 最初さいしょ 河岸かわぎし いそ けっ たが たい あま がわ さお きず はた つい 出会であ こし れつ はじ 前掛まえか かわ きび ゆる ぢか きゅう あや 紅革べにがわ こわ 弾丸だんがん むす つづ えん 立派りっぱ おど 老人ろうじん のう 小遣こづか はら じつ まった 着換きが えが へん こす 見附みつ かど たず だれ かる むか へん ひま 名残なご たのし にわ ごろ しず うか ため ども 横顔よこがお つめ かさ 食卓しょくたく 今日きょう 気兼きが 首都しゅと 物語ものがたり たっ あま あた やわ 骨立ほねだ 三巻みまき はた 反対はんたい ちち 一度いちど