“感佩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんぱい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“感佩”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あ、そう。」とれいの鷹揚おうようぶった態度で首肯うなずいたが、さすがに、感佩かんぱいしたものがあった様子であった。
佳日 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「大目付殿の御慈悲……家中の者も感佩かんぱい仕るで御座ろう。その御心中がわからぬ与九郎でも御座るまいが……」
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)