“なかんづく”の漢字の書き方と例文
語句割合
就中100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
就中なかんづく河間かかん王深わうしん居邸きよてい結構けつこう華麗くわれいしゆたるものにして
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
就中なかんづく僕を不快にしたのはマホガニイまがひの椅子やテエブルの少しもあたりの薔薇色の壁と調和を保つてゐないことだつた。
歯車 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)