“あぶらむし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
油蟲40.0%
油虫20.0%
蚜虫10.0%
蚜蟲10.0%
蜚虫10.0%
蜚蠊10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはいので赤蠅土地ではいつてる。では油蟲くのはどうも出來なかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
患者等油虫南京虫てられて、んでいることも出来ぬと苦情う。器械や、道具などはもなく外科用刄物が二つあるだけで体温器すらいのである。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
また米を得るためには無数の浮塵子(うんかのこと)をにせねばならず、単に薔薇の花を賞玩するためのみにも数万の蚜虫を殺戮せねばならぬ
黄色する小枝めて蚜蟲滅亡して霖雨れもしないでく。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
島木の文学の所謂健全性がその髄に飼っていてそこから蟻と蜚蠊のような関係で液汁を吸いとっている時代の虫を、阿部の文学は彼流の知性のつかわしめのようなものとしていると思える。
昭和の十四年間 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)