“生存競争”の読み方と例文
旧字:生存競爭
読み方割合
せいぞんきょうそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御覧なさい、世界から、今日るまで、ますます進歩してくものは生存競争疼痛感覚刺戟する反応などでしょう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ほかの生物生存競争びても、協力生活をするありの種族だけはえるのだ、世界じゅうどこでも、ありのいないところはないだろう。
戦友 (新字新仮名) / 小川未明(著)