“奮戦”の読み方と例文
読み方割合
ふんせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
話は遠く日露戦争の昔にさかのぼりますが、河内園長が満州の野に出征して軍曹となり、一分隊の兵を率いて例の沙河前線遼陽の戦いに奮戦したときのことです。
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この人は幕府の末年に勝氏と意見をにし、くまでも徳川の政府を維持せんとして力をし、政府の軍艦数艘いて箱館脱走し、西軍にして奮戦したれども、ついにして降参したる者なり。
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
が、それはまだ成功とはいえなかったけれど、白木の奮戦られながら、これをくりかえしていくうちに、私は凱歌をあげたのであった。「海を越えて」の音盤!
暗号音盤事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)