“英明”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひであき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“英明”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
当時の文人の源英明ひであきにせよ、源為憲にせよ、今なお其文は本朝文粋にのこり、其才は後人に艶称さるる人々も、皆文時にいて其文章詞賦の斧正ふせいを受けたということである。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一同を狼狽ろうばいさせおるうち、同じく開校準備のため出勤しおりし同校書記にして、森栖校長と共に三十年来、同校の名物となりおりし傴僂せむし男、川村英明ひであき(五十一)が同様に、いつの間にか姿を消している事が
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)