“白霜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しらじも50.0%
しろじも50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏の初めより病に罹り居りしかどえて白霜しらじもの降りたるを見つ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
わが住める家のいらかの白霜しろじもを見ずて行かむ日近づきにけり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)