“合手”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいて66.7%
あひて33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“合手”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
で私の遊び合手あいては、あたしをも釜前かままえにつれていった。
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
とやるので、合手あいては苦い顔をしてだまってしまう。私はそこにもきて、すず大壺つぼみいれてあるお水をもらって、飲んだり、眼につけていたりする人を眺めていた。
その次第を伺つて、わたくしの力で及ぶ事でありましたら、随分御相談合手あひてにも成らうかと、実は考へるので。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)