“つらな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツラナ
語句割合
65.9%
26.1%
2.9%
列竝2.2%
0.7%
列並0.7%
0.7%
陣列0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
越後の地勢は、西北は大海に対して陽気なり。東南は高山りて陰気なり。ゆゑに西北の郡村は雪浅く、東南の諸邑は雪深し。……
語呂の論理 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
左大臣の愛嬢として、源氏の夫人として葬送の式にる人、念仏のために集められた寺々の僧、そんな人たちで鳥辺野がうずめられた。
源氏物語:09 葵 (新字新仮名) / 紫式部(著)
更に言ふ、吾人は宗教と併行し、道心と相り、以て吾人の希望を達せんと期す。戦争は政治家の罪にあらずして、人類の正心の曇れるにつてなることを記憶せられよ。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
とのぐもり羽ばたきとよむ飛行機は向ふ時雨に今は列竝
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
る天と地の間飛ぶが如くに馳けり行く。
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
心に思ふ、衆星のる天を降り來る
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
編隊機けだし進むは山形列並む雁の一機かゆく
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ニーロの冬籠る鳥、空にひて後、なほも速かに飛ばんためり行くことあるごとく 六四—六六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
大唐の軍将、戦艦一百七十艘をいて白村江朝鮮忠清道舒川県)に陣列れり。戊申天智天皇の二年秋八月二十七日)日本船師、始めて至り、大唐の船師と合戦う。日本利あらずして退く。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)