“つらぬ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.2%
0.9%
0.9%
貫徹0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奧へ入つて見ると、後添のお國は、しい二番目娘お雪の部屋で、床の中に入つたまゝ、見事に喉笛をかれて死んでをりました。
余の郷里にはホゴ、メバルなどいふ四、五寸ばかりの雑魚いて売つて居る。さういふのを煮て食ふと実にうまい。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
東北地方は既に厳霜凄風たれて、ただ見る万山の紅葉はらに錦繍るが如く、到処秋景惨憺として、蕭殺の気が四隣ちているであった、にこの地は東北に師団を置きて以来
雪の透く袖 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
とにかく、米原雲海氏などとは違った畑の人であって、貫徹いては出来ない側の類です。