“釉色”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いうしよく50.0%
ゆうしょく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“釉色”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 金工芸50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
唐は手に取つて視ると、大きさから、重さから、骨質から、釉色いうしよくの工合から、全く吾が家のものと寸分たがはなかつた。
骨董 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
唐は手に取って視ると、大きさから、重さから、骨質から、釉色ゆうしょくの工合から、全くわが家のものと寸分たがわなかった。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)