牛女うしおんな
ある村に、脊の高い、大きな女がありました。あまり大きいので、くびを垂れて歩きました。その女は、おしでありました。性質は、いたってやさしく、涙もろくて、よく、一人の子供をかわいがりました。 女は、いつも黒いような着物をきていました。ただ子供と …
作品に特徴的な語句
うし みの うえ 女王じょおう めん がた 故郷こきょう 情合じょうあ ゆる あらわ 肥料ひりょう ばたけ なか 事業じぎょう はは しず 以来いらい 毎年まいとし ゆふ あいだ 初夏しょか あか なか ほう 収穫しゅうかく かた 商家しょうか じょう 国境こっきょう 性質せいしつ 葬式そうしき いか そと おお よる のち かれ つよ むす 終日しゅうじつ まも ねん さっ たい いわ ひがし ある のこ 母親ははおや 毎日まいにち 毎晩まいばん 汽車きしゃ 法事ほうじ なが なみだ ふか 満足まんぞく 無断むだん 父親ちちおや 牛女うしおんな ひと ひき めずら もう おとこ まち はたけ 病気びょうき しろ 真心まごころ 着物きもの 遠方えんぽう 銀色ぎんいろ 鈴生すずな 金持かねも かね おも さと 運命うんめい とお はこ