“祖先”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そせん71.4%
みおや23.8%
じいさん4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
支那内地からるものと非常によくてゐるので、どうしてもこれは支那人祖先使用したものらしくはれるのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
祖先のため、その子らがため、わけても子らの子がため、ただ唱へ南無妙法蓮華經、いとほしと口にはらね、かしさまたただならね、ひたぶるのこの親ごころ、その子我
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
昔の祖先たちが土下座をして大名の行列を拝んでいるところへ行って、今から後にはお大名だとか将軍様だとかいうものがなくなって
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)