“そっぽ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
外方62.5%
12.5%
側方6.3%
容貌6.3%
素方6.3%
顔付6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
憂愁をえた清らかな眼差は、細く耀きを帯びて空中を見ていたが、栖方を見ると、つと美しい視線をさけて外方を向いたまま動かなかった。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
「応さ、違わなくてか。お前さんとこへ出向いた元七は、寸の伸びたに切れ長の細え眼——。」
すぐ側方を向いてしまって、足の甲だの、のあたりだの、背筋の方だの、蚊に喰われたりにぼりぼり掻き始めました。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
その問答があまり可笑しいので、熊谷は側方を向いて腹を抱える、浜田はハンケチを口へあててクスクス笑う、綺羅子もそれと感づいたらしくニヤニヤしている。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
……窩人窩人で城下の奴らが鬼のように恐れているその窩人の娘とあっては、ちょっと好奇心も起ころうというものだ。それに容貌だって相当踏める。変わった味だってあるだろう。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
自分が、非常に望をかけて居た者を、不意に、素方から飛び出した者の手に、奪われてしまったと云う事は、どんなに私を失望させた事だろう。
暁光 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
だが、顔付皆目わからねえ。よくもこう切り細裂えたもんよなあ。怨恨だ、なあ勘、われに訊くが男の恨みでいっち根深えのあ——?