“掛代”の読み方と例文
読み方割合
かけがへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
突合せて種々相談なせども何分思案に及ばぬゆゑのこと天にも地にも掛代なき手の中の玉となしたる娘のお幸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)