“かゆ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カユ
語句割合
54.3%
42.3%
1.9%
0.2%
0.2%
0.2%
瑕瑜0.2%
痛痒0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、初めはたいしたこともあるまいと思っていたが、日ましに瘠せて弱ってきて、を一ぱい位しかたべられないようになった。
蓮香 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それから急にくなって、敵の大軍をみなごろしにするのだ、叡山の焼討ちだなどと、肌着の大掃除をやっていたところでございます
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
犬は自分の汚さは自覚していないが、しかしいことは感ずるから後脚でしきりにぼりぼり首の周りを掻いていた。
二科展院展急行瞥見 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そのゝち銭に人かの池のほとりに混屋をつくり、を以て水をとるがごとくして地中の火を引き湯槽し、又燈火にもる。池中の水をを以てせしむ。
せの如く此久八は元三州藤川宿の町外れに捨置れし身に御座候(より久八の履歴は六右衞門が申立の讀續きなれども人情貫徹ざる所も有により讀本口調れば諸君怪給れ)
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
むか/\と其声聞度身体を思わずくるりとる途端道傍の石地蔵を見て奈良よ/\誤ったりと一町たらずあるくより来る夫婦
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その恐ろしき程真摯なる所、その天地をも動かさんとする熱心の所、その天真爛熳にして瑕瑜相いわざる所、く挙げて『幽室文稿』にありとせば、他方の天下みな是とするもこれを信ぜず
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
女なるものに対する極度なれみと厭わしさと面白さは、もちゃもちゃと頭の中でみ合い杵搗かれ、痛痒いとも、哀れになつかしいとも何とも言いようのない妙な感じに捉われるのでした。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「さあ、それを召し上れ。」と彼女は云つた、「きつとお腹がおきになつたに違ひないわ。あなたは朝御飯からこつちおを召し上つたきりだつてハナァが云つてましたもの。」