中味と形式なかみとけいしき
私はこの地方にいるものではありません、東京の方に平生住っております。今度大阪の社の方で講演会を諸所で開きますについて、助勢をしろという命令——だか通知だか依頼だかとにかく催しに参加しなければならないような相談を受けました。それでわざわざ出て …
作品に特徴的な語句
みず 退しりぞ かたむき まぬ おい 一括ひとくく 兵糧ひょうりょう ぜん 強請ねだ うれい こし がた きわ しな おのず さかさ かみ ほろ 佇立たたず すま なん もり かたむ まさ 判明はっきり 如何いかん はま 打壊うちこわ なぐ しま ちぢ まとま 蹴飛けとば 迷児まご ふう 饒舌じょうぜつ 一力いちりき 一纏ひとまと 中味なかみ 乃至ないし 了見りょうけん 今日こんにち 仕草しぐさ 伽噺とぎばなし 便宜べんぎ えら 凌駕りょうが のっと つの いや 厭気いやけ 合点がてん けち 品隲ひんしつ かな とな 喝采かっさい 嗜慾しよく はか 国是こくぜ 声色こわいろ 定規じょうぎ よろ 寄席よせ 小言こごと くず 差支さしつかえ 布衍ふえん 庖丁ほうちょう 御構おかまい 御蔭おかげ 必竟ひっきょう こころざし 恰好かっこう 惨酷ざんこく 懸念けねん 懸隔けんかく 手際てぎわ おさ えら いだ 押潰おしつぶ こば 拘泥こうでい くく こしら 振翳ふりかざ とら