“掃部宿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かもんじゅく50.0%
かもんのしゅく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“掃部宿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まずその手続きを済ませた上で、半七は更に北千住の掃部宿かもんじゅくへむかった。
わたくしが掃部宿かもんじゅくへたずねて行った時に、長助がなんだかびくびくしているのは変だと思いましたら、案の通り、浅草の観世物小屋へ因縁を付けに行って、幾らか貰って来たんです。
——そのまま駕籠は千じゅ掃部宿かもんのしゅくを出払って、大橋を渡り切ってしまうと、小塚ッ原から新町、下谷通り新町とつづいて、左が浄願寺じょうがんじ、右が石川日向、宗対馬守なぞのお下屋敷でした。