“掃部頭時晴”の読み方と例文
読み方割合
かもんのかみときはる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面白い話では、七人の陰陽師が呼ばれて、千度のおをした際のことだったが、中に掃部頭時晴という老人がいた。供も少く人の群を、かきわけかきわけ進む内に、右のを踏み抜かれてしまった。