“掃部頭貞敏”の読み方と例文
読み方割合
かもんのかみていびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この青山という琵琶は、仁明天皇の御代、掃部頭貞敏が唐の琵琶の博士、廉承武から、三曲の秘曲を授かったときもらった三つの名器のうちの一つである。