“床張”の読み方と例文
読み方割合
ゆかば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兩人が、一間三尺だしの半戸だな、床張り、突當りがガラスだしで、そこが裏山つたから、どその
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
具足部屋評定寝所、みな広い床張りで、そこには毒死もなくしんとしている。伊那丸留守錠口のさきからだれも人を入れなかったところなので——。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
早速村の大工をも呼びよせて、急ごしらえの高い窓、湿気を防ぐための床張りから、その部屋に続いて看護するものが寝泊まりする別室の設備まで、万端手落ちのないように工事を急がせた。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)