“清水焼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きよみずやき50.0%
きよみづやき50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここの建築は、もと五条坂の裏通りにあって、清水焼の職工の下宿屋となっていたのを、F氏が偶然散歩の途上に見つけて、ついにここに移したのだという。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
清水焼を売る陶器屋が寒さうに戸をあけてゐた。
現代詩 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)