“主水正正清”の読み方と例文
読み方割合
もんどのしょうまさきよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斬られたのは位のある人——これだけの話の筋を辿れば、かの主水正正清の長刀を帯していた新兵衛が、あの刀で誰をか斬ったものだろう。
その刀は縁頭が鉄ので、そこに「田中新兵衛」と持主の名前が明瞭にんであった。中身は主水正正清えはすべて薩州風、落ちていた鞘までが薩摩出来に違いないのであった。
喫驚したかな、田中新兵衛だよ、示現流の、主水正正清の田中新兵衛だ」