“清水粂之介”の読み方と例文
読み方割合
しみずくめのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
井上近江清水粂之介、ほか二十三名の一団——だったのが、左膳を相手のたびたびの乱刃に、二人、三人命をおとして、今は約二十人の侍が、こうしてこの林念寺前の柳生の上屋敷内
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
柳生の里から応援に江戸入りした高大之進を隊長とする一団、大垣郎右衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門り抜きの剣手は、麻布本村町
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
源三郎につぐ柳門非凡の剣手、高大之進を隊長に、大垣郎右衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚井上近江清水粂之介ほか一団二十三名、一藩の大事を肩にさながら出陣のごとく、即夜
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)