“煩悩熾盛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぼんのうしじょう50.0%
ぼんのうしせい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煩悩熾盛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
煩悩熾盛ぼんのうしじょう罪悪深重ざいあくしんちょうの自覚を呼びさます機縁きえんとなっているせいなのかもしれない。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ぼくの心に、そうした気持ちがうずをまいている限り、ぼくは、親鸞しんらんのあとに従って、自分を煩悩熾盛ぼんのうしじょう罪悪深重ざいあくしんちょうの人間だと観念するよりしかたがないのではないか。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
隠棲の隠棲らしさはむしろかえって煩悩熾盛ぼんのうしせいの若い時にこそある。
独り碁 (新字新仮名) / 中勘助(著)