“円満具足”の読み方と例文
読み方割合
えんまんぐそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
円満具足相好とは行きませんかな。そう云えばこの麻利耶観音には、妙な伝説が附随しているのです。」
黒衣聖母 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そこにはよどんだ水が流れの清冽さをしらないような、古さだけがあった。正直いちずな貧しい漁師の一家にとっては、それが円満具足のかぎりなのだろうかと、ひとりもどかしがる大石先生だった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
円満具足の己れをした
傾ける殿堂 (新字旧仮名) / 上里春生(著)