“小具足術”の読み方と例文
読み方割合
こぐそくじゅつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ピュッとって飛んできた捕縄! 縄の先にはがある。小具足術の息一つ、クルクルッと、お十夜の首にからみついた。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まだ火術小具足術薙刀手裏剣武技という武技、という、あらゆるものがふくまれているのだから、はたして、たった三日のあいだに
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
えぬかれた小具足術の秘力は、機先を制して、のっけから唖を圧倒した。隙間を与えない鉄拳と張手の攻撃は、唖の、頭、頬げた、向うずね、所きらわずにいためつけた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)