“演繹”の読み方と例文
読み方割合
えんえき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文化批評という言葉は、響きが好いために誰にでも共鳴せられるが、今日まで行われているものは主として演繹的のものであった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
これを一つの working hypothesis として見た時には、そこからいろいろな蓋然的な結果が演繹される。
笑い (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
前提から演繹してゆくところは理論的だし鋭敏だ。けれども、その前提が、少なくとも二つの点で、不完全な観察をもとにしているんでね。