“熨斗目麻裃”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
のしめあさがみしも75.0%
のしめあさかみしも25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“熨斗目麻裃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
国老就任の挨拶なので、酒井家では老臣の関主税ちからが接待に出、兵部と甲斐とは熨斗目麻裃のしめあさがみしもに着替えた。
登は熨斗目麻裃のしめあさがみしも、まさをは白無垢むくに同じ打掛、髪は文金の高島田で、濃化粧をした顔は、人が違ったかと思われるほどおとなびてみえた。
今、おしのご城内では、何か高貴のおかたでもこよい城中に迎えるらしく、熨斗目麻裃のしめあさかみしもの家臣たちが右往左往しながら、しきりとその準備に多忙をきわめているさいちゅうでした。