“大熨斗”の読み方と例文
読み方割合
おおのし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
バラリと肌を脱ぐと、いつの間に用意したか、一尺五寸ばかりの大熨斗を、肌守りのって背中に斜めに背負っている悪戯っ気の八五郎です。
番頭「大奉書は一枚三銭で」書生「水引きの一番大きいのは」番頭「一本二銭で」書生「一尺もあるような大熨斗は」番頭「一つ一銭五厘で」書生
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
大熨斗を書いた幕の影から、色のい、の乱れた、せた中年増が顔を出して、(知己のない、旅の方にはどうか知らぬ、おなら、内から案内して上げましょうか。)
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)