“総大将”の読み方と例文
読み方割合
そうたいしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのとき忍熊王軍勢には、伊佐比宿禰というものが総大将になっていました。それに対して皇后方からは建振熊命という強い人が将軍となってめかけました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)