“烏帽子親”の読み方と例文
読み方割合
えぼしおや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
烏帽子親は、松山のお祖父さまにお願いするのだと、仰しゃっておられました」
で、諸大名ら人〻の執成しで、将軍義澄の叔母の縁づいている太政大臣九条政基の子を養子に貰って元服させ、将軍が烏帽子親になって、その名の一字を受けさせ、源九郎澄之とならせた。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
元服の烏帽子親を選ぶやうな心を、お伊勢參りの人がもつてゐた。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)