“奉公住”の読み方と例文
読み方割合
ほうこうずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
萬「へい、たしか五ヶ年前と承わりましたが、は其の奉公住をいたしましたので」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
致してると見ゆるづ夫はも多兵衞汝が世話で嘉川家へ奉公住致せし安間平左衞門と申者は其方て請人になりしやと尋ねらるゝに多兵衞其の安間平左衞門儀は私しの願山の懇意にせし
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
図らず勇治の処へ来たのは何よりで、拙者は深見新五郎であるが、仔細あって暫く遠方へ参って居たが、今度此方へ出て参っても何処と云って頼る処も無し、何処か知れぬ処へ奉公住を致したいが
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)