“勝沼”の読み方と例文
読み方割合
かつぬま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これにもはたゝるべきあり、勝沼よりの端書一度とゞきて四日目にぞ七消印ある封状二つ、一つはおけてこれはかりし、桂次はかくて大藤村りぬ。
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
二時間ばかりたち、勝沼から塩山あたりの山村が窓の外をユックリと走りすぎていきます。
歩くこと (新字新仮名) / 三好十郎(著)
勝沼とても東京にての塲末ぞかし、甲府流石大厦高樓躑躅城跡などのありとはへど、汽車便りよきにならばらず、こと馬車腕車に一晝夜をゆられて
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)