“刻下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こっか44.4%
こくか33.3%
いま11.1%
さが11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“刻下”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
刻下こっかの事情と云うものは、転瞬てんしゅん客気かっきに駆られて、とんでもない誤謬ごびゅうを伝え勝ちのものである。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
人は、ようやくの思いで刻下こっかの志をげると、すぐ反動が来て、かえって志を遂げた事が急にうらめしくなる場合がある。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
不協音の芸術、混乱妄動まうどうの芸術、僕が刻下こくかの生活はより多くこの末来派の思想に傾倒せざるを得ない。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
炳乎へいことして明らかに刻下こくかの我をてらしつゝある探照燈のやうなものである。
点頭録 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そんな穿鑿せんさくよりも刻下いまは身をもってこの縦横無尽に張り渡された捕縄ほじょうの網を切り破るのが第一、と気がつくと同時に長身の左膳、もう塀外へ降りてもみちはないから
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
こそ/\支度をして居りますると、翌日なゝつ刻下さがりになりまして峠を下って参ったのは、越中富山の反魂丹を売る薬屋さん、富山の薬屋さんは風呂敷包を脊負しょうのに結目むすびめを堅く縛りませんで
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)