“毱”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“毱”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
染八の肩から、こう蹴鞠けまりまりのような物体ものが、宙へ飛びあがり、それを追って、深紅の布が一筋、ノシ上がった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
悠々とゴムまりを拾ったり何かしているので、相手がコートにい付いて笑っているが、それでもまだわからない。
ビール会社征伐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)