南方郵信なんぽうゆうしん
九州山脈に源を発したO川は、黄濁した体で日向の国の平原をうねり、くねり、末は太平洋に注いでいる。三十六里もある長い川であるが、最後に黒潮と激突しようとする一線には、海岸線に沿った砂浜が、両方から腕のように延びてきて、中に深淵の入江を抱いてい …
作品に特徴的な語句
とと 仕合しあ もろ 夫婦みょうと かたわ そこな うる かご けん 夕映ゆうば 手拭てぬぐ 主婦かみ 今尚いまなお 狩人かりうど そな すべ 煙管キセル 名残なご よだ がすり かじ もら 醜聞しゅうぶん ほと 運命さだめ 夫婦めおと あね 追手おいて 羅紗ラシャ 小舎ごや にぎや たいら ひさし ごと 角力ずもう くさ やす 日向ひゅうが つか 目白めじろ みだ まゆ 眼鏡めがね ねむ ほこら 端坐たんざ 竹藪たけやぶ はず いかだ かす ひも 素志そし 紫紺しこん ののし 美々びび そび ふと 肥料こやし あし すね ひざ そう つや あかね 草履ぞうり 荒寥こうりょう 荒浪あらなみ むしろ 隙間すきま 頓着とんじゃく 頓狂とんきょう 露地ろじ かすみ 雌鶏めんどり きじ はさみ