“享保年間”の読み方と例文
読み方割合
きようほねんかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
享和年間鳥海噴火享保年間岩手噴火とにては、鎔岩流出せしめたけれども、それもめて少量であつて、中腹までもしないくらゐであつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)