享保年間きようほねんかん)” の例文
享和年間鳥海噴火享保年間岩手噴火とにては、鎔岩流出せしめたけれども、それもめて少量であつて、中腹までもしないくらゐであつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)