“羂”の読み方と例文
読み方割合
わな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう思っていると私の心にある巧みな計略のが見えて来た。凡てが私のために張られた羂であったかも知れないと私は思った。
運命のままに (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
どうしてもつと堂々と文子の美点を強調し、文子の美点に比べたなら、にもかからぬ老獪な狐のやうな卓一の心をいてやらなかつたのであらうか。
なぜ安心したかと云ふに、猩々は同じ棒を伝つて下りて来るより外はないから自分でに掛かつたやうなもので、もう掴まへられさうだと思つたからである。