“羂索”の読み方と例文
読み方割合
けんさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左手に羂索を執り、宝盤山の上に安坐して、叱咤暗鳴を現じて、怖三界の相をすという威相は、その煤けた古色の間から燦然と現われているところを見れば
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)