“阿礼”の読み方と例文
旧字:阿禮
読み方割合
あれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
口惜しい悲しいで気がとりつめ」とか、「この魂が跡を追いかけて引き戻してくる」とか、「東は神宮寺、西は阿礼より向うへは通さぬ」
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
阿礼の口述を筆録した筈の大安麻呂の古事記においては、国号の場合にも、また大和一国の場合にも、同じヤマトの語に対して、旧に依りて「倭」の字を用い
国号の由来 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
兵馬もまた有力な手がかりを得たかも知れないが、そこは素通りしてしまって、塩尻峠を下り尽すと、塩尻の阿礼
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)