“エトランゼ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
旅人33.3%
旅行者33.3%
異国者33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅人エトランゼは先ず大通グランブールヴァルのオペラの角のキャフェ・ド・ラ・ペーイで巴里パリの椅子の腰の落付き加減を試みる。
巴里のキャフェ (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
モルガンにすれば、はじめてニースに来て見た旅行者エトランゼではなかった。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
これをあんまりつづけられると、どんなに気のいい異国者エトランゼでも、相手は子供と思いつつついうんざりさせられる。