狂人は笑うきょうじんはわらう
「ホホホホホホホ……」 だって可笑しいじゃありませんか。 ……妾はねえ。失恋の結果世を儚なみて、何度も何度も自殺しかけたんですってさあ。 いいえ。妾は知らないの。そんな事をした記憶はチットも無いのよ。初めっから失恋なんかしやしないわ。第一相 …
作品に特徴的な語句
ひね すく そら かん はらわた ほっ 滅亡ほろ しぼ こう 光沢いろつや 美味いし 財産しんしょう 巡査まわり 乳母ばあや 冷水おひや 牛酪ぎゅうらく 判然わか 呪詛のろ ふく きわ 記憶おぼえ 裸体ぱだか たく 恍然こうぜん はさま なん あんま はか しん 冥護めいご 禿はげ へこ から しま がら 呪詛のろい ほと 追付おいつ じま だま きま 塗籠ぬりこ しょ 最早もう わたし ずつ かな 彼奴きゃつ 茶湯ちゃのゆ にく 憧憬あこがれ 観物みもの 皮膚ひふ 監禁かんきん 真中まんなか 真先まっさき 瞑合めいごう 矢先やさき たしか 祖父じい 神々こうごう 神符しんぷ 禿頭はげあたま ひそ はず くそ くく まと かか うらや 耽溺たんでき そび 背後うしろ 背景バック 脅迫きょうはく にお 雲南うんなん 雇人やといにん さわ 際涯さいがい すき 間間あいだあいだ 這入はい とお 非道ひど 野天のてん