“備前物”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びぜんもの75.0%
びぜんもん25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“備前物”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
侍「とんだ良さそうな物、拙者せっしゃ鑑定かんていするところでは備前物びぜんもののように思われるがうじゃな」
「どうだ。見事だらう。貴公の備前物びぜんものは、大層な自慢だが、到底この相州物には敵ふまい」
お前は自慢しとったけど、おれは、どうも、お前のは備前物びぜんもんとは思われん。一杯、食わされちょる。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)