“二十日過”の読み方と例文
読み方割合
はつかすぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不幸にも、この心配が暮の二十日過になって、突然事実になりかけたので、宗助は予期の恐怖に火がいたように、いたく狼狽した。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もう二十日過だし少し稼ごう。——そのシャルル九世年代記を、わが文化の版、三馬の浮世風呂にかさねて袋棚にさしおいた。——この度胸でないと仕事は出来ない。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
不幸にも、心配二十日過になつて、突然事實になりかけたので、宗助豫期恐怖いたに、いたく狼狽した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)